社名の由来

DUKS( ダックス ) とは、実は世界的有名なキャラクターからヒントを得ました。主役たちを一層輝かせているアヒルのキャラクター。私たちはあのキャラクターの様に、「お客様を輝かせる名脇役になりたい。」との思いから【DUKS( ダックス )】という社名がつきました。

創業以来、「お客様の名脇役に徹する」という私共の考えは、社名と共に変わっておりません。今後ともこの想いは変わることなく、受け継いでいくつもりです。

社是

善きことを想い 善きことを為す

【善き考え方】
善き考え方とは、常に明るく前向きに、肯定的、建設的、協調的、善意、思いやり、優しさ、真面目、正直、謙虚、努力、利己的ではない、強欲ではなく足るを知っていること、感謝の心

【因果応報の法則】
「善因は善果を生み、悪因は悪果を生む」
人生は、想ったこと、行動したことが原因となって「結果」が生じます。善きことを想い、善きことを為すことによって、運命の流れをよき方向に変えることができ、もって生まれた「運命」をも変えていくことができるのです。

経営理念

全メンバーと家族の物心両面の幸せを追及すると同時に、
人類社会の進歩発展に貢献すること

会社にとって売上や利益は大切です。しかし、売上や利益を上げることだけが目的ではありません。

私達の本来の目的は、全メンバーが幸せになるような会社をつくり、社会に貢献することです。 そして会社は同じ理念を共有する家族の集まりだと考えています。皆が家族の幸せを願うように メンバーはお互いの幸せを願う、そんな会社でありたいと想います。

私達の理念は何よりも大切です。どんなに儲かる事業であっても、社会に貢献できない事業は行いません。事業を通じ、あるいは個人として、また事業で得た利益の還元を通じて、人類社会の進歩発展に貢献します。

経営スローガン

笑いあふれる企業風土からイノベーションを!

まずは笑いあふれる会社創り!
そして、新しいステージに向け、一人ひとりが常に改良改善を考える
メンバー主体の組織づくり

ダックスフィロソフィ

「ダックスフィロソフィ」とは、企業理念の実現のために、従業員が持つべき考え方、価値観、行動規範を示したものです。仕事を通じで大事にしなければならない考え方やあるべき姿を具体化して示しております。

生まれた日も場所も、育った環境も全てが異なる仲間が一期一会のご縁で、ここダックスグルー プに集いました。人は誰しも幸せな人生を創ることができるのです。
一人ひとりがこのダックスフィロソフィから、正しい人生観や判断基準、そして人としての考え方をど真剣に学び、実践していくことで、たった1回しかない人生を、光り輝く人生に変えていくのです。
青空・笑顔・ときに嵐。全ての出逢いから、私達の人生はできています。 あらゆる出逢いを愉しむことで、明日は豊かになっていきます。
熱き想いをもって、共に未来に向かって走っていくのです。
人生はいつも、ふとした発見から、鮮やかに変わっていくものですから・・・。
人生にイノベーションを!!!

【年中夢求】 ダックスフィロソフィより抜粋

未来永劫シンカ発展し続けるダックスグループは、5 年先・10 年先・100 年先のことまでも 想い描き、楽観的に情熱をもち続けて、夢を想像するのです。
まず、強く想うことが大切です。なぜなら、夢は強く想ったことしか実現しないからです。 だからこそ、自由な発想で無限大の想像力を膨らませ、ワクワクする大きな夢を想像し、煌々 と光り輝く未来を創造するのです。
想像力は未来を変える力をもっています。壮大な夢を時空を超えて、未来の当たり前とすべく、 点を線に線を面へとつなげるのです。
想像を膨らませれば、まだ見ぬ領域は、無限大に広がっていきます。私達は未来力を発揮し、 第六感で感じ、「年中夢求」を合言葉に、絶えず思考回路をフル回転させ「やれる氣」を起こす のです。
将来に対して志をもち、大きな夢と希望があれば、前向きに生きる歓びを感じ、私達の可能 性は無限大に広がるのです。

【大家族主義経営】 ダックスフィロソフィより抜粋

私達は、必然的な縁によってダックスグループに集結しました。一人ひとりが、運命共同体 の一員として、それぞれの役割を果たし、全メンバーと家族の物心両面の幸せを実現していこ うとしています。そんなメンバー同志が家族のように強固な信頼で力を合わせ、経営をすれば、 どんなに力強いことでしょう。
大家族主義とは、お互いが思いやり溢れる心の絆でつながり、理屈なしに助け合える集団です。 ゆえに、間違いや信頼を裏切る行為があれば、ど真剣に叱り、嬉しいことがあれば、全員で我 がことのように歓び、苦楽を共にしていくのです。
例えば、メンバーの誕生日を知っていますか。誕生日をみんなで祝っていますか。メンバー の生まれ育った環境を知っていますか。
愛の反対は無関心です。苦楽を共にする、かけがいのない同士の幸せを心から願い、お互い に連帯責任を自覚して、お互いの成長を願い、大善をもって切磋琢磨していくのです。

社歌

『いつか、きっと』

限界のボーダライン 決めないで 
わずかな可能性の灯を絶やさずに
精一杯の力で “今”を生きる
 君の眩しい汗が誰かの勇気を照らす
ガラスに映った 自分が言った
 ”諦めたら終わり “なんだ
だから、どんな明日も怖くない!
駆け抜けよう人生という熱いフィールド 
この命に「ありがとう」と伝えて

大切な人たちの未来のため
 その幸せを願えば果てしなくて
遠回りでも夢を貫くほうが
 心に描いた通り本物の笑顔に逢える
“悔しさ “は君が今よりもっと強くなるための助走さ
だから、それさえも楽しもうよ!
駆け抜けよう人生という熱いフィールド
 この命に「ありがとう」と伝えて

いつの日にか 夢の頂上に上って
 仲間達と感動を分かち合おう
駆け抜けよう人生という熱いフィールド
この命に「ありがとう」と伝えて 何度も伝えて…

DUKSとは