Top Message

大畑 憲大畑 憲

ダックスホールディングス株式会社代表取締役会長

大畑 憲

あなたと共に、世の中にイノベーションを起こそう!

生まれた日も場所も、育った環境も全てが異なる仲間が一期一会のご縁で、ここDUKSグループに集いました。

私達は、この素晴らしい出逢いをお互いに心から感謝し、仲間、家族、お客様、これから出逢う方々、そして世のため、人のために、一所懸命志事に打ち込み、尊くてかけがいのない光り輝く日々を創造していくのです。そのために私たちは次のような人としての考え方をベースとしたダックスフィロソフィー手帳を用い、学びを深め、そして実践することを大切にしています。

また、ダックスフィロソフィーの学びと実践をするためには、「笑い」が大きなエンジンになります。そして力になります。想像してみてください。笑いが溢れる職場、家庭、地域社会、日本、世界と・・・
「笑い」には副作用がありません。笑いは笑顔、癒し、優しさ、温かさを必然に創り出してくれます。また笑いは、相手の不安や緊張をほぐし、心に潤いや穏やかさをもたらせます。人と人の心をつなぐ、極めて重要なものなのです。また、大きな声で笑うと、私たちの「命」は揺れます。笑いは「生」の躍動でもあり、至福の心が満ち溢れることなのです。

笑いあふれる会社を目指し、「DUKSグループと出会って良かった」と想って頂けるよう邁進し、国内外問わず、自動車業界の発展に貢献してまいります。

代表取締役会長

大畑 憲

Akira Oohata

松田 成哉松田 成哉

ダックスホールディングス株式会社取締役 社長執行役員

松田 成哉

技術のダックスから総合自動車サービス企業へ

私どもDUKSグループでは、「ネットワーク」を、商品の販売や役務の提供を行うことができる商流インフラであると同時に、お客様のお困り事やお悩みをキャッチアップ、それに手当させていただくことを目指した“つなぐ力”であるとして定義しております。
また、「ネットワーク」そのもの、それ自体が、私どもで唱え、展開する“情報付加価値戦略”に実践力を与えてくれる貴重な経営資源であるとして意義理解しております。

パートナー企業様と私どもは、自動車ガラスという得意(特異)な分野の商材を取扱い、エンドユーザー様に近いところでビジネスを展開、お客様とそこでご縁をいただき、またそのお客様にもご参加いただくことで、このネットワークを加速度的に広げてまいりました。

ネットワークに参加いただいているお客様、パートナー企業様それぞれに、やはり得意な分野をお持ちになり、私どもがネットワークの中で収集した他のお客様の”お困り事”に対して、解決に至るノウハウやドゥハウをご提供いただいております。

お客様とパートナー企業様、お客様とお客様とをおつなぎしてソリューションをご提供する。そこでお互いに享受される付加価値は、私どもだけでなく、お客様、パートナー企業様の競争力を強化する源泉になっていくと考えております。
パートナー企業様とともに 私どもが築き上げてきたネットワークは、お取引をいただいたお客様のビジネスにも様々な可能性をご提供するものであると確信いたしております。

商品のお取引に限らず、お客様の“お困り事”に手当していくことで収益を得る。またそこで得た収益を糧に、お客様へ価値ある別のソリューションをご提供していくことで還元を図る。私どもでは、このような取組みをさらに強化していく方針でおります。

私どもDUKSグループのこのような取組みに、ご一社様、お一人様でも多くのご理解、ご賛同を頂戴し、倍旧のお力添え、益々のご愛顧を賜りますようお願い申し上げますとともに、お客様として、パートナー企業様として私どもの展開にご一緒いただけることを心よりお待ち申し上げております。

取締役 社長執行役員

松田 成哉

Naruya Matsuda

本田 章郎本田 章郎

ダックス株式会社代表取締役社長

本田 章郎

善きことを想い 善きことを為す

私たちDUKSグループは、全メンバーとその家族の物心両面の幸せを追求すると同時に、人類社会の進歩発展に貢献することを経営理念に掲げ、この理念を成就すべく、私たちの強みである「自動車関連業界の革新」を通じて社会をより豊かなものにしていきます。

そして中期ビジョンとして、祖業である自動車ガラス事業においては、全国ネットワークの確立とダントツ業界ナンバーワンの地位を確固たるものにします。
新事業分野では、これまで培ってきた自動車アフターマーケットにおけるノウハウや事業ポジション、またソリューション事業で確立したネットワークを最大限に活かし、ベンチャー企業や異業種企業とも連携することで、自動運転化の進むモビリティー社会に求められる高付加価値商品を企画販売し、2020年グループ売上100億円を実現します。

代表取締役

本田 章郎

Akio Honda

ページ先頭へ