Strategy

事業ドメインの拡大

DUKSグループは、国内の自動車ガラスの修理・交換事業で培ってきたノウハウを活用し、事業ドメインを拡大していきます。ヒトとデータを核として、ゆたかなモビリティ社会の実現に貢献していきます。

ヒトとデータを核にゆたかなモビリティ社会を実現
glass Dglass Dglass D

ダックスの次世代型フラッグシップブランド

glass D(グラスディー)は、国内ガラス交換・修理のトップ企業であるダックスが誇るフラッグシップブランドです。国際的な認証機関であるテュフラインランドジャパンと共同開発した、国内初の自動車ガラス交換修理メンテナンスショップの監査・認証制度にも対応し、お客様視点の新しい取り組みで業界をけん引していきます。

ご来店いただくお客様が心地よく過ごしていただけるよう、店舗空間にもこだわり、ダックスが培ってきたスタッフ対応をさらに磨き上げ、笑顔溢れる対応に心がけています。お客様のカーライフをサポートし、地域社会を笑顔あふれるものにしていきます。

今後、中長期的に既存ブランドの店舗についても、随時glass D(グラスディー)の水準の店舗を増加させ、ブランディングを進めていきます。

TÜV RheinlandTÜV RheinlandTÜV Rheinland

国内初の世界水準の監査認証制度の構築

ダックスでは、世界トップクラスの第三者検査機関であるテュフラインランドジャパンと共同で自動車ガラス交換修理メンテナンスショップの監査・認証制度を構築し、この認証制度に基づき、直営店に対して監査を行っています。

基準に達した店舗に対して随時「ガラスリペアショップ認証」を発行しています。テュフラインラインランド社が持つ、ヨーロッパにおいて広く使用されている監査項目をベースに、ドイツ本社の知見や経験をもとに日本の市場に適した項目を選別・採用しました。

具体的には、実際のガラス補修作業手順や機器・ツールのほか、基本的な項目である会社の規定、顧客満足、工程管理、品質管理・記録、従業員教育、修理工場の設備・機器などです。また、監査項目に、エーミング作業の必要性の有無確認、委託先を含めたエーミングの実施と専用ツールを使用した情報の記録と保管、トレーサビリティ確保、周知等の項目を含みます。

ガラスリペアショップ認証の主な要件は以下の通りです

  1. ガラスリペアショップの外観、第一印象
  2. 車両受入およびサービス、セールス
  3. ガラスリペアショップのオペレーション
  4. ガラス交換、修理品質、品質管理プロセス
  5. マネジメント、スタッフおよびトレーニング
  6. 部品の管理および保管
  7. エーミング、安全機能センサー類のキャリブレーション
  8. 設備・機器

テュフラインランドグループについて

テュフラインランドは、145年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関です。グループの従業員数は全世界で20,000人、年間売上高は20億ユーロにのぼります。第三者検査のエキスパートとして、人々の暮らしのあらゆる面で、品質、安全、環境、テクノロジーを支えています。産業用装置や製品、サービスの検査だけではなく、プロジェクト管理や企業のプロセス構築もサポートしています。また幅広い業種、職種について、専門的なトレーニングも実施しています。こうしたサービスは、テュフラインランドの認定ラボや試験設備、教育センターのグローバルネットワークによって支えられています。テュフラインランドは、2006年より国連グローバル・コンパクトのメンバーとして活動しています。

自動車分野では、ドイツで運転免許試験を行い、ドイツ他数ヵ国で車検サービスを提供しているほか、自動車メーカーや部品メーカー向けの国連および欧州型式認証(ホモロゲーション)の技術機関としても活動しています。またオートアフターマーケットでは、鈑金塗装工場向けの監査・認証サービスに加え、ドイツでは第三者アジャスターサービスを、そして世界各国でディーラーや一般整備工場向けの監査・認証サービスを提供しています。昨今、クラシックカーの評価・査定サービスなども提供しており、自動車文化へ貢献しています。

ページ先頭へ